株式会社 北海道勤労者在宅医療福祉協会

  • トップページへ戻る
訪問看護

(1)当事業所のサービス方針
北海道勤労者在宅医療福祉協会の指定訪問看護事業所及び指定介護予防訪問看護事業所では、要介護状態になった場合においても、利用者が可能な限り、住み慣れた地域で自分らしく暮らせるよう、利用者の意思及び人格を尊重し、居宅介護支援事業所や主治医、また他の保健医療サービス、福祉サービスと連携をとり、療養生活を支援し、心身の機能の維持回復をめざします。

(2)サービス内容

  1. 訪問看護及び介護予防訪問看護が必要であると主治医が認めた、要介護者や要支援者に対して訪問看護師等が居宅を訪問して療養上の世話や診療の補助を行います。
  2. 利用者の希望、主治医の指示、居宅サービス計画に沿った訪問看護計画及び介護予防訪問看護計画の作成を行います。計画の作成にあたっては、利用者の居宅を訪問し、利用者・家族と面接して解決すべき課題を把握(アセスメント)するとともに、継続的に家族状況の把握と評価をしながら、必要に応じて見直し等を行います。
  3. 訪問看護計画及び介護予防訪問看護計画の内容について利用者・家族に説明するとともに、文書による同意を得ます。作成した訪問看護計画は、利用者またはその家族に交付します。
  4. サービスの質の向上を図る観点から、サービスの実施状況の把握や利用者・家族との面接(モニタリング)を行うとともに、サービス担当者会議等を開催して専門的意見の聴取等を行います。

訪問看護事業所一覧

このページの先頭へ戻る

Copyright (C) 2006 株式会社 北海道勤労者在宅医療福祉協会