株式会社 北海道勤労者在宅医療福祉協会

  • トップページへ戻る
居宅支援

(1)当事業所のサービス方針
北海道勤労者在宅医療福祉協会の指定居宅介護支援事業所では、要介護状態になった場合においても、利用者が可能な限り、住み慣れた地域で自分らしく暮らせるよう、利用者の意思及び人格を尊重し、適切な保健医療サービス、福祉サービスが総合的かつ効率的に提供されるよう、利用者の立場にたった居宅サービス計画の作成及び支援を行います。

(2)サービス内容

  1. 利用者の依頼を受けて、介護支援専門員による居宅サービス計画の作成を行います。計画の作成にあたっては、利用者の居宅を訪問し、利用者・家族と面接して解決すべき課題を把握(アセスメント)し、利用者の自立した日常生活の支援を行うために、適切なサービスが総合的、効率的に利用できるようにします。計画については、継続的に実施状況の把握と評価をしながら、必要に応じて見直し等を行います。
  2. 居宅サービス計画の原案の内容について、利用者・家族に説明すると共に、文書による同意を得ます。そして居宅サービス計画を作成した際には、利用者及びサービス担当者に交付します。
  3. 利用者によるサービスの選択に資するために、地域のサービス事業等に関するサービスの内容・利用料等の情報を利用者・家族に提供します。
  4. サービスの質の向上を図る観点から、サービスの実施状況の把握や利用者・家族との面接(モニタリング)を行うともに、サービス担当者会議等を開催して専門的意見の聴取等を行います。
  5. 要介護認定や更新認定等の申請にかかる援助等を行います。

居宅支援事業所一覧

このページの先頭へ戻る

Copyright (C) 2006 株式会社 北海道勤労者在宅医療福祉協会