社会福祉法人 札幌南勤労者医療福祉協会

  • トップページへ戻る
住居系サービス

【共同住宅とは】
■賃貸アパートです。住人同士や、地域の人々とが、お互い協力し合い、支え合いながら、自立生活ができることを目指しています。入居に年齢的な制限は一切ありません。


【サービス内容】
■物件によって、間取りや条件(入浴、洗濯機の共同使用等)が異なります。詳しくは事業所にお尋ね下さい。

住居系サービス事業所一覧


【有料老人ホームとは】
■有料老人ホームの定義
有料老人ホームは、老人福祉法において、次のように規定されています。
老人を入居させ、入浴、排せつ若しくは食事の介護、食事の提供又はその他の日常生活上必要な便宜の供与をする事業を行う施設であつて、老人福祉施設、認知症対応型老人共同生活援助事業を行う住居等でないものをいう。(老人福祉法第29条第1項)

 高齢者を対象とした住宅に食事などのサービス機能が付いたようなものと考えていただくと分かりやすいかもしれません。次のようなものは、食事等のサービスが提供されていても、有料老人ホームには該当しません。
(1) 高齢者以外の方も入居が可能なもの
(2) 分譲方式により居室の所有権を取得するもの


■有料老人ホームの類型
有料老人ホームは、介護サービスの提供方法の違いにより、次の3つの類型(タイプ)に分けられます。

☆有料老人ホーム
介護や食事等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。介護保険制度による介護サービスは、施設自らが介護保険の事業者(特定施設入所者生活介護)としての指定を受け、提供します。介護が必要になった場合、施設自らが提供する介護サービス等を利用しながら当該施設の居室での生活を継続することが可能です。
☆住宅型有料老人ホーム
食事等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。施設自らは介護保険制度による介護サービスを提供しません。介護が必要になった場合、訪問介護等の在宅サービスを利用しながら当該施設の居室での生活を継続することが可能です。
☆健康型有料老人ホーム
食事等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。介護が必要となった場合、契約を解除し退居することが前提とされています。

勤医協在宅の有料老人ホームは、住宅型有料老人ホームの設置認可に基づき事業運営をしており、身の回りの事ができ、ある程度自立をされている高齢の方、障がいのある方がご利用する事が出来ます。また、誰もが安心して住み続けられるために室料、管理費、食費は低料金に設定しております。入居に関しまして、まずはご相談ください。

住居系サービス事業所一覧


【高齢者専用住宅とは】
制度的には高齢者居住法における高齢者の入居を拒否しない賃貸住宅(高齢者円滑入居賃貸住宅)です。専ら60歳以上の単身者を対象にし、同居者は配偶者に決まっています。事業者は北海道知事に登録し、より詳細で正確な情報を高齢者に提供できるようにしたものです。

昨年4月には、高齢者居住法が改正され、住戸面積などが改正されました。

生活支援(食事の提供などが)があり、居住面積が25㎡以上で(共同の居間、食堂、浴室等がある場合は18㎡←勤医協の高専賃はこの型です)、トイレや台所、収納が居室内にあることが必須条件になり、より快適になりました。

ケア(介護)付きの住宅ではないので、介護や医療が必要なら介護保険サービスを利用して、自分の住まいに自分らしく、自由できままな暮らしが保障されます。

勤医協の高齢者専用賃貸住宅は、北海道知事に承認され、12月から『適合』高専賃にうまれ変わっています。(札幌市が認めれば、医療や介護が必要であれば、24時間365日住居生活がサポートされる特定施設入居者生活介護に移行できます。)

住居系サービス事業所一覧

このページの先頭へ戻る

BA9696